frenchtoastsanのブログ

慶應生のひとりごと

満たされない承認欲求

 

 「欲求不満」という言葉は何やらヤラシイ感じがするけれど、人間誰しも何らかの欲求を抱えていますよね。

 

 僕の場合はそれが「認められたい」という気持ちだったというだけの話です。

 

 2か月ほど前に散々就活で打ちのめされて、本当に死にたいぐらいの思いでした。だって、好意を持った企業に「お前はいらない」と言われ続けたらそりゃあ心も折れますよ。でもこの間、遺書めいたものを書く機会があったんです(説得力ないと思いますが、自殺を考えていたわけではありません。あくまで書く機会があっただけですよ)。30分ぐらいかけて書いていると、それはそれはもう涙が止まらない。「あ、なんだ自分ちゃんと生きたいんじゃん」ということに気が付けたので良かったです。

 

 まあそれはともかく、人に認められたい僕は、まず自分を認めることができないんです。これはもう、一種の病気のようなものかもしれません。僕自身は凡人、というか大半の面においては凡人よりもやや劣る人間です。だけど、いろいろな事情からめちゃくちゃ優秀な人間が身近にたくさんいます。同じ土俵にさえ立っていないのに、つい比較してしまう。彼らにとっても失礼な話です。

 

 超優秀な友人はともかく、僕はこのブログで自分の褒められるところを列挙してみようと思います。

 

①大学の成績がわりと良い。

 就活なんかでは文系の勉強は本当に評価されないですよね。インターン10社ぐらい出してもGPA書かせてきたのはたったの1社(某外コン)、専門の分野について聞いてきたのも2社ぐらいです(日系のどこか忘れた)。でも、一応学生の本分は勉強だと思うので成績は良いに越したことはないと思います。学費も高いし……。授業でインプットしたことをテストや課題でアウトプットして高評価を得ることって、十分必要なスキルだと思うんですがどうなんでしょう。もっとも、この成績でさえ親には全然褒めてもらえませんでしたけど。少なくとも、身近に僕より成績が良い人はほとんどいません。大抵の怠惰な大学生には無理だと思いますが、良い成績を取りたければ「授業中一切スマホを見ない」これに尽きます。90分間集中して講義を聞くことはできなくても、電子機器を弄らなければ授業中暇になれば多少は講義に耳を傾けるようになると思います。

 

②英語がわりとできる。

 

 僕は性格が悪いので、海外に長期間住んでいた同世代の人よりも英語のスコアが良いと、良い気分になります。ちなみに学部内の試験では800人以上いる中でtop5に入っています。もちろん筆記が得意なことと話せることは別物なので、そのあたりは謙虚に努力していこうと思っています。

 本当は短期でいいから海外留学したかったんですが、金銭的に無理なので断念しました。代わりに(?)というわけではないですが、最近歯列矯正を始めました。トータル120万円ぐらいですね……。デンタルローンを組もうかと思ったんですが、10万以上余分に払うのはやばいので、親に借金しています。このままだと就職できるかも怪しいのに、卒業後は「日本学生支援機構の無利息貸与奨学金の返還」「年金の払い込み」「矯正の代金を親に分割で返す」のオンパレードですからね。行く先が思いやられます。矯正120万もかなり高いのですが、慶應のプログラムで行く短期留学って本当に高いんですよ。3週間で110万とかするんです。まあ慶應というだけあって裕福な学生が多いので、参加者はそれなりにいますが。

 これは完全に僕の負け惜しみです。3週間で英語ペラペラになるとは思えないので(10年海外にいた知り合いは「1年じゃ喋れるようにならない」と言っていたので3週間なんて彼女に言わせれば論外でしょう)、それならあと数十年身体的特徴として残る歯並びを整えようと思ったわけです。

 

③バイトをクビになっていない

 

 なんか、認められることが思いつかないので普通のことになってしまいました・・・…。大学入学から今まで2年半近く続けているので、まあ僕にしては頑張っていると思います。親にはよく「無能」と言われますが、そんな自分を雇ってくれるバイト先は本当に神だと思います。この間はちょっとしたイベントで美味しい食事とワインをご馳走になって幸せでした。もう頼み込んで正社員にしてもらおうかな……と4日に1回ぐらい考えてしまいます。もちろん、バイト先が僕を正社員にしたいかどうかは別だということは忘れていませんよ。

 

 

まあ、僕の認められる点はそれぐらいですね。

 

どうにもならない点としては、「普通」の人間として生まれたかったということですね。正直、僕のこの満たされなさの原因の半分ぐらいはここにあります。詳しくは書けないですが、人にとって当たり前の感覚がないというのはなかなかきついものですよ。

いつか、気が向いたら詳しく書きますね。

 

おやすみなさい、それではまた。

ラノベのワンシーンと中学時代の思い出

 僕の好きなライトノベルにこういうシーンがあるんです。

 

 「野球賭博もどきを巡るトラブルで中学生の男子がナイフで同級生を刺す」

 

 なんで中学生が野球賭博(?)っていう疑問はこの際置いておくことにして。作品に出てくる学校は事件を公にしないんです。

 

 あっ、そういえば通ってた中学でもカッターナイフの傷害事件あったな、ってことを思い出したんですよ。これが不良校とかならまだ分かるんですが、都内の進学校ですからね。あー怖い怖い。

 

 で、その犯人というか事件を起こした女子の動機がまた怖いんですよ。自分の好きなアイドルのことをからかわれたからって理由でカッター振り回して、男子を怪我させるとか恐ろしすぎません?もっとも、入院するような怪我ではなかったわけですが。いくら学校が大ごとにしなくたって、生徒はこの事件について結構話してたような……。

 

 僕はそんな人間と同じクラスで授業なんて受けたくないですね。

 

 カッターだけではなくてそれ以上に、彼女には他にもいろいろとヤバい話があるんですが、まあこの辺でやめておきます。

 

 で、そんなに勉強ができる感じではなかったけど名門と言われるようなW大学に一般入試以外の方法で入ってましたね。AOって一体何を見てるんでしょうか。学力の代わりに人に怪我を負わせる能力を持った人を必要としているんですかね(笑)

 

 まあ他大に通う僕とは無関係な話なので、その女子のことを思い出すこともそうそうなかったわけです。

 

 しかしこの間本屋で経営関係のコーナーで本を見ていたら、著者の名字に見覚えがあったんです。カッター女さんの父親でした。説明は省きますが、たまたま名字が同じというわけではないのは明らかでした。

 

 まあ女さんの父親もいろいろと警察のお世話になっていたりする人なんですが、経歴はめちゃくちゃご立派(超有名外資コンサルティング会社→ユニークなクローズの会社のめちゃくちゃ偉いポジション→その他いろいろで現職)でなんとも言えない気持ちになりました。「ユニクロの製品着なきゃいけないんだけど」と言いながらいつも他のブランド品で全身を覆ってたのが皮肉で面白かったです。

 

 何が言いたいのか分からなくなってきましたが、知らない方が良いことってたくさんあるよねって話です。

 

 

就活19(番号合ってるか分からない)

 あまりにもインターン選考に落ちてしまい、これはさすがにまずいと思ったので応募数を増やすことにしました。

 

 で、期末試験前日にもかかわらずESを書いています。

 

 それにしてもESって、なんでこんなに書くのに時間がかかるんでしょうね。僕が慣れていないせいでしょうか。それとも、中身のない学生生活を送ってきたせいでしょうか。難しいです。

 

 個人的にカタカナ語が嫌いなので、なるべく日本語(?)を使って書こうとしているのですがこれがまた難しい。「チャレンジング」って日本語でなんだっけ、と思い辞書を引く。じゃあ「ハードル」は、となってしまい全く進みません。別にハードルぐらいカタカナでも問題ないと思いますけどね。

 

 時々意識高い就活垢の人っているじゃないですか。特に外コン志望とかでカタカナ多用する人が多いようなイメージがあるのですが、この間「日本ナイズ」とかいう言葉を見てぞわっとしました。カタカナの方が短縮されるならともかく、「ナイズ」って「〇〇化」ってことですよね。まあもっと一般的な「バリュー」とか「アグリー」とかも日本語話せよ、って個人的には思っちゃいますけどね。

 

 まあ何はともあれ、本選考までにはサラッとまともなESが書けるようになりたいものです。

 

 では、また。

異性の友達

 意図してるわけじゃないんですけど、僕の友達異性ばかりなんですよね。

 

 気付けば夏休みの遊ぶ予定の大半は異性です。恋愛対象とかそういうつもりではないんですが、一部の人からは反感買いそうな気がします。

 

 自分のこと棚にあげるけど、客観的に見て、男子に囲まれる女子(オタサーの姫?)とか女子に囲まれる男子(ラノベでよくあるハーレム?)みたいで、あんまりイメージ良くないような……。

 

 まあ居心地が良いんだからそれでいいか、ということで。

親からの暴言

 せっかくの日曜日なのに、「だからどこも受からないんだよ」と何度も叫ばれました。他のうちに聞こえるからやめてください。定期的にヒステリー起こすのは問題だと思うので、病院でも行ってください。

 

 社会人になったら家を出ようかと思っていたのに、このままだとどこも就職できないので稼げない。もう駄目だ。

 

 自分の周りの人たちの就活が順調すぎて余計辛くなってくる…。

 

 倍率相当高いはずの第一志望(面接で落ちた)のインターン、どうして友達は何人も通ってるんだろう。先輩は本選考の内定辞退までしてて、この差は一体何?大学の成績だけ良くても、上っ面を取り繕うことができないから、就活なんてゴミみたいな茶番ではなんにもならない。

 

 人と比べるものじゃないけど、自分の無能さが辛くなる。いろいろあってスペック高いと思われてるけど、実はそんなことなくて中身空っぽだから、通用しない。辛いなあ。

 

 死にたいと思うたびに、罪のない人が亡くなったニュースを見て、余計悲しくなることの繰り返し。

 

 本当に本当に大嫌いな人間が元気にのうのうと生きてるのに、大切な人が癌で苦しんでて、活躍してたスケート選手は刺殺されて、未来のあった小学生は学校のせいで熱中症で死んじゃって、本当にやりきれない気持ちになる。

 

 だから自分は神の存在を信じられない。人に言うと反感を買いそうだけど。本当に神なんてものがいるなら、震災とかでたくさんの人が亡くなることなんてないと思う。祈れば救われる、と信仰を持っている人が悲惨な目に遭うことなんてないはず。

 

 家にさえ居場所がなくて辛い。本当にいつまで続くんだ。解放されたい。

劣等感

 毎度毎度暗いブログですみません。誰も見てないと思うので、全部本音で書いてます。

 

 いやあ、本当にきついです。

 

 ここ最近はインターン関連でだいぶ鬱になってましたが、それだけじゃないんですよね。

 

 まあいろんな事情から、自分の周りにはものすごく優秀な人とか、桁外れに裕福な人とか、社会的に成功した人が多いんです。そういう人たちと比べると一体自分は何をしてるんだろう、と思います。

 

 理系のなんとかオリンピックで優勝とか、全国的に有名な大企業の社長の子供とか、芸能活動始めてほんのちょっとで映画主演とか…。挙げたらキリがないんですけど。

 

 本当に自分には何もない。毎日毎日社会からは不要と言われるし、なんでこんな役に立たない人間が存在してるのか分からない。

 

 二酸化炭素増やしてるだけなのに、おかしいなあ。